D2Cブランドは持続可能性を高めるマーケティング戦略が必須の時代と言われます。
商品を必要としている人、つまりブランドのファンがどこに存在するのかを探らなければ、
どうやってファンに商品を届ければ良いのかを考えることができないからです。

的確な商品訴求へ繋げるための
ターゲットリサーチ。

ブランドを大きくし発展させ持続性を持たせるために、まずはファンの居場所を知ることが重要です。ファンがどこにどれだけいるのか?そのファンはどういった人たちなのか?これらを正しく理解することで、事業計画やMDプラン、販促施策の確実性を向上させていくことが必要です。

パネルアンケートの実施

全国450万人以上のモニターにパネルアンケートを実施。私たちは、まず全国に450万人以上いるモニター組織に各商材に合わせたパネルアンケートを行います。モニターは様々な属性や趣味嗜好データを紐づけ管理しているため、素早く対象者をピックアップ。市場の全体像を推計することが可能です。

画像解析AIと照らし合わせる

さらに、そこで集められたデータをもとに画像解析AIと照らし合わせます。画像内の人物を認識し、その人の性別、年齢、着用している服までをデータ化させ、これまで蓄積したデータと突き合わせることで、ソーシャル上における親和性の高い層を見つけ出します。

ターゲットのデータを獲得

ソーシャル上のさまざまなデータ(ハッシュタグ、フォローアカウント、好きなスタイリング、コーディネート)を把握することで、競合になり得るブランドや目指しているライフスタイルなどのデータを獲得します。


明確なファンの姿を捉え、効果的なアプローチを行うことで、
ファン獲得、定着、拡大の可能性が高いマーケティング活動が可能となります。


D2Cブランドは、良いものをつくることができれば売れるというわけではありません。
そのブランドの持つ本来の価値をどのようにターゲットへ届け、伝えることができるのか。
そのストーリーを含めてデザインすることが大切です。

潮流とマーケットを理解した
コンセプトを導き出す。

良いものをつくっていれば売れる。というだけの時代から、そのブランド自体が持つ世界観や目指すビジョンへの共感がファンを動かす時代へと世の中は変化しています。その商品は何のために必要なのか。その商品で未来はどのように変わるのか。時代の潮流とマーケットを理解した経験豊富なデザイナーが、その商品の魅力をターゲットに的確に伝えるコンセプトを導き出します。

潮流とマーケットの理解

ターゲットに刺さるデザインコンセプトは、時代の潮流とマーケットを理解していなければ生み出すことはできません。そして、その商品コンセプトを、どのようにキービジュアルやコピーに繋げて、ファンに届けるのかをご提案します。

デザインアプローチの決定

キービジュアルのための商品撮影やWebサイトデザインへの反映、SNSでの広告バリエーション展開など、ストーリーに落とし込みながら各メディアごとに、どのようなストーリーでターゲットへアプローチすれば的確かを探っていきます。

ブランドらしさの確立

そうすることで、プロダクト、Web、パッケージ、グラフィック、映像など、すべてに一貫性のある、貴社だけのブランドを確立することが可能です。


商品コンセプトをベースにキービジュアルやコピーを開発することはもちろん、
商品名やプロダクトデザインを生む段階から一気通貫してお手伝いすることも可能です。


D2Cブランドでは、事業規模に則した最適なEC環境を立ち上げることが大切です。
立ち上げフェーズでの無駄な初期費用や月額費用を極力抑えながら、
事業拡大フェーズ、新展開フェーズなど、その後の成長に合わせて最適化が可能です。

固定費を抑えて
事業成長スピードを最大化。

豊富なD2Cブランド運営経験をもとに、各事業規模フェーズにおけるECサイトに必要な要件をわたしたちは 知っています。その経験とノウハウを活かしながら貴社事業フェーズに最適なEC環境の立ち上げをサポート。無駄な固定費を抑えながら、事業成長スピードの最大化を一緒に目指します。

最小限での立ち上げが可能

立ち上げフェーズでは、ASPを活用しながら初期費用、月額費用を極力抑えることでシステム以外の販促費に充てられる環境を生み出します。最小限の労力で、目的に応じたテンプレートでの高速なサイト制作やメールやクーポンなどの基本機能を活用することが可能です。

運用効率を考えたカスタマイズ

事業拡大フェーズでは、COMMERCE DOORを活用しながらバリエーション豊富な運用をカバー。独自色を出すためのカスタマイズや拡張機能を使用。物流連携や基幹連携など、バックエンドにおける外部連携拡張を可能とし、運用効率を上げていきます。

さまざまな標準機能を完備

COMMERCE DOORは急激な事業拡大にも耐えうる、D2C運営に必要なさまざまな機能を標準でご利用可能なため、低価格のままで利用し続けることができます。

※COMMERCE DOORはD2Cブランドの実運営経験を活かしたオリジナルのシステムです。最新のEC要件を取り入れ定期的に自動アップデートを行なっていきます。


EC事業を進める中では、カートシステムを使い運用できる人的リソースも重要です。
我々は、そんな各カートシステム運用を熟知したスタッフの派遣も可能です。
定常業務は派遣スタッフにお任せいただくことで、戦略立案に時間を有効活用いただけます。


CRM活動で重要なポイントは、ブランドコンセプトの構築・認知・共感です。
購買を高めるコミュニケーションだけではなく、ブランドコンセプトへの共感を目指した、
緻密なシナリオに基づいたコミュニケーションの設計が重要となってきます。

緻密な設計の CRM活動で、
ファンを増加させる。

永きにわたって支持され続けるD2Cブランドを創っていくには、顧客のLTVを如何に上げていくか、すなわちブランドのファンをどれだけ増やしていくかが重要です。私たちは豊富な経験に基づいたノウハウで、それぞれのブランドコンセプトに適したCRM活動の手法と支援体制を提供します。

顧客それぞれのシナリオを設計

CRM活動では、購買を高めるコミュニケーションだけではなく、ブランドコンセプトに共感していただけるコミュニケーションの設計が重要です。従来はクーポンや割引など利用ハードルを下げる手法で、一方向でのコミュニケーションを行うことが主流でしたが、昨今の顧客のライフスタイルの変化に合わせて、インタラクティブで綿密な多重コミュニケーションの設計が必要です。

共感と愛着でファンを育成

私たちは、顧客を購入単価や頻度でセグメント化することで、それぞれの顧客セグメントに向けたシナリオを作成。効果検証のKPIを設計しながら顧客行動を売上分析や商品分析などをもとにデータ化します。そのデータ分析に基づき、課題・改善のPDCAを実行することで、顧客満足度に比例したLTVの最適化を図っていきます。


インタラクティブな多重コミュニケーションでユーザーのブランド理解を促進。
ブランドへの共感・愛着を高めて継続的にファンを育てていきます。


ORIGINAL D2C自社D2Cブランド

ROOM

「わたしらしいアクセサリーで部屋を埋め尽くしたい」
そんな想いをコンセプトにしたアクセサリーブランド。
新しいアクセサリースタイルを提案し、ファッションコーディネートへ貢献するブランドを目指しています。

showgirl

「カラフルなレギンスで毎日を楽しく過ごして欲しい」
という想いで誕生したカラーレギンスブランド。
スポーツ、トレーニング、ショッピングなど、様々なシーンで利用できる、色の持つ力を活用したアイテムを提供しています。

PLAY LIST

「男性のオンスタイルに、“遊び心と余裕”を」
めまぐるしく変わりゆく時代のなかで、ニューノーマルのオンスタイルを提案するメンズアパレルサービス。
異なる3つのフォルム「FLAT」「PLAY」「SLACK」を展開することで、自分の新しい「見せ方」に出会える場を創出しています。

CONTACTお問い合わせ

D2C事業参入・拡大をトータルにご支援いたします。
リサーチ、企画部分のみといったご支援も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

会社名必須

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問い合わせ内容必須

お問い合わせ内容の詳細必須

当社の個人情報の取り扱いについて同意の上、
送信してください。

届けるべき人に、届ける。

広大な宇宙のどこかに。

きっと、この商品を必要としている人がいる。
確信にも似た想いを胸に抱きながら、
今日も夜空を見上げている人たちがいる。

それが、どこの誰なのか。
わたしたちも、一緒に探し続けます。
星の数ほどあるそれぞれの目的ごとに、
それぞれに最適な方法で。

届けるべき人に、届ける。
すべては、そのために。